2013″北海道ツー day1

day1

千歳のANAカーゴを後にして、さー動くかとMAPを・・・ あれ?

あ” 地図忘れた。おまけに、泊まる宿帳の” とほ ” も忘れたようだ。やっべー右も左もわからんぞこれは参った。ひとまず携帯のナビで何とかめぼしを付けて走り出すことにした。 カーゴの守衛さんの話ではこの日は、帯広で花火大会って事で、高速の渋滞が考えられるってな話をほのめかされていたので、考え的には、海沿い行って、天馬街道いけば順調にいきゃー4時間だろっておもって、携帯グーグールナビに、まずは静内をターゲットにしてイヤホン耳にセットして走り出した。

走ってる最中は、下向けないので耳が頼りでしたが、空港周りが若干以前の記憶と差異があって見栄えも変化してるようだったので、いわれるがままの道を進んだわけですが、なんだか知らんが、武川方面に向かってると思いきや、苫小牧の道の無いところをいかそうとしてるようで変なダート近辺に案内されてしまった。キター さすが馬鹿携帯ナビ あてにならん。

結局よくわからない苫小牧の裏道みたいなとこで、信頼性ゼロのナビよか直感MAPを選択してそれでこまを進めた。なんだかどこはしってきたのかさっぱりわからんが、いつのまにやら武川に出たのでそのまま無料高速にのっていけるとこまで高速すっとばした。結構道東地域に向けて高速のびていますねぇ。日高門別のとこまでこれちゃいました。

道に出たとこのセブンイレブンでちょっと休憩。おっ なんだか旅を楽しんでる女の子発見。地図片手に難しい顔してるのでちょっとお話してみました。何でも、晩成温泉キャンプ場にとまろうか悩んでいるとの事だった。 晩成にまつわる話はおてのものなので知ってる情報を教えてあげた。お別れ時に、笑顔をもらいました。 心がホッコリしました。いい笑顔だ。OLYMPUS DIGITAL CAMERAストレートにここまでこれれば相当早い道のりだったはずなんだが、なんだかんだで、苫小牧周辺で2時間はさまよっていたようだ。グーグルナビだめじゃん。DSC_0107OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのままうみっぺりの道を淡々と進めると、三ツ石あたりかな空がかなーりヤバイ感じになってきた。いつふりだしてもおかしくない感じ。三ツ石でちょっとやすんだあと、一気に晩成向けて走り出したものの、静内を越えるころにはかなり風が出てきて、空が限界のようでした。浦河すぎたらバケツひっくり返したような雨が降ってきました。天馬街道は、ほぼ前が見えない程の雨で早速の悪天候の北海道を経験しました。結局、この悪天候で移動時間が大幅に増えた上あっちゅうまに日が暮れて悪条件の中道を走っていたせいか、大幅に時間ロス。後で知ったのだがひどい雨がメットに打ち寄せているとおもっていたのは、小さな虫の大群があたっていたようで、メットをあとからみたらぞっとしました。ありとあらゆるところに小さな羽虫の大群がはりついていました。どうりでゴーグルの油膜がとれないわけだ。雨じゃなくて、虫の体液で油膜になっていた模様。瞬く間にロールオフ使い切った。

ゴーグル使えないので裸眼で走ってると、さっき分かれたオネーチャンが道がわからないみたいで困ったチャンになっていたので、セキレイ館前までしばらくランデブーしました。

すっかりズブ濡れでひどい状態でしたわ。

1泊目にお邪魔よていの、カントリーハウスセキレイ館では 夕食タイム半ばのタイミングでなんとかゴールイン。いやーいつもながら初日はなんだか夕飯時到着がおおいのよねぇ。つくなり夕飯をいただきました。

day2に続く

コメントを残す