2013″北海道ツー

2013” 北海道ツー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA恒例の夏のツーリングいってきました。最近こればっかですが、家の方が忙しくてあんま更新していませんが、夏はやっぱり北海道でのんびりホームレスが私には必要みたいで。単発の日記はFaceBookでやっちゃってるので動き知りたい方はFBでからんでくださいまし。

いつも夏は休みが微妙なんですが、ここ3年ばかし休みがお盆しかとれないので今回もお盆にとることになりました。お盆はねぇー トラブッたとき大変なんですよねぇ。

過去に不動になったとき大変な目にあった記憶があります。確か、新冠だったかな、ツーリングマップルの後ろのJAFみたいなとこに電話しても人がいないとか、レンタカーは出払ってないとか、運ぶ手段も助け舟もなくて、結局、地元のホクレンの従業員の善意で運送屋さんの知り合いに90kmも運んでもらったなんて話がありました。なんせ旅行先もお盆でお休みなわけで、すべて自己完結が求められるわけですよ。そのときゃ善意の力で何とかことなきを得ましたが、なので、いつも完璧さをもとめて装備よういしていますが、いつも増して完璧な装備でいかなくてはいけないのが、お盆なのですよ。ま、一回そういう目にあうと自然と荷物おおくなりますわね。

今回は2ケ月まえからいつものように船を予約するはずが、なんだか知らんがすべてSOLDアウトでぜんぜん取れなかった。後から知ったのだが、今年からバイクカンバックしたライダーが、本命定めず三航路をキャンセル料が発生するギリギリまでキープしてギリギリで離す様な予約の仕方する輩が多かった様で全く迷惑な予約するやからが多かった様子で、毎年行ってる俺らが大迷惑受けた格好みたいです。でも、人によってはタイミングよくGETできた人もいたようです。行く先々でそのような予約をしているという話を聞きました。1本とれりゃすぐ離せよといいたいですね。まったく迷惑な連中がいたもんだ。

フェリー会社もそんな予約受け付けないで、予約したら即購入させるなどしてウツケ者の対策してくれないと、リピータに迷惑だぜ?なんで野放しかなぁ。電話予約なんぞやめて、FAX受付かインターネット予約のみにしてほしいものだ。

結局休みが固定に近いので、そんな当てにならんキャンセル待ちはできないので、今回はやむを得ず、ANAスカイツーリングとした。スカイツー超早くて便利だけど、やっぱ一度でも船を味わってしまうと、あの本土を離れ北海道に渡るまでの空白の14時間に徐々に心躍らせる時間がとっても重要なんですよねぇ。あれがないと旅してる感じが半減しちゃう。スカイツーは朝したくして、ANAカーゴで車検うけて、搭乗1時間で北海道到着って、早すぎだろ。

空白の14時間を1時間に短縮してしまいますから、なんだか何か物足りない。早くてべんりではあるけどね。それと、ANAで注意しなくてはいけないのは、体調なんですよ。

船では14時間かけて、熱い地域から徐々に寒い地域へ身体を慣らせますが、スカイツーでは、たった1時間で、温度差のある地域に放り出されるわけです。私も今回、地元では39度だったところから、23度の地域に放り出され、到着後ほぼ1日食欲は無いは、腹はいたいわ、気持ち悪いわで体調不良でしたね。同じようにANA使った人はその温度差で体調不良うったえるひとが多かったようだと方々で耳にする。そんだけ今回の北海道は温度が低かったのでしょうね。

これが、バックパックで移動であれば、公DSC_0102共機関の乗り物でさほど温度差には影響されないのでしょうが、バイクは、もろ温度差の中すごすわけなんでこの辺が温度差のあるタイミングではスカイツーはリスキーなんすよね。

ANAの同じ便でたまたま居合わせた、ドカの素敵なオネーサマと千歳のカーゴで写真とらせてもらいました。いやーかっこいいオネーサマでした。

day1に続く

コメントを残す